To write makes me calm.

長い間心の焦点の合わない日々を送っていましたが、ふと英語日記が書けそうな気がして書いてみると少し冷静になれました。

そして猫が旅立った日から今日までぽっかりと空白になっていた3年日記を開き、1日ずつ埋めていきました。

こうしてあらためて3年日記に向かってみると、限られたスペースの中で出来事や心境をしかもゲルインクボールペンできれいにまとめる、という作業がいかに知的なものかということがよく分かりました。

自分にはまだとても無理だ、と3年日記を避けていたのもそういう理由からでしたが、おそらくこれが唯一の特技であろうと自分に言い聞かせながら、この数日間の自分の心境を規則正しい文字で書き綴っていきました。

自分の文字には心がありません。
自分の文字から喜怒哀楽を読むことはおそらくできないと思います。

だからこそ文章に心を埋め込んでいきました。
読めばすべてを思い出せるように、言葉を選びながら刻み込んでいきました。
そしてその作業は自分をとても穏やかにさせてくれたように思います。

3年日記を書き終え、まだとても書ききれない思いがあることにもあらためて気づきました。
今は消えてしまわないように書き留めることに専念し、心が決まったらまた別のノートに書いていこうと思っています。