猫町の近況(春のぼやき)。

今年はもうだめかもしれない…

何の話かと言えばこのブログの話で、1年間に365本の記事を書くということをここ数年続けてきたわけですが、今年はもうだめかもしれないなと思っています。

借金の数だけなら昨年も相当な借金生活だったのですが、昨年のように強烈な末脚で追い込めるとはとても思えないのです。

ギャザリーの件でも書いたように、もともと自分は断れない性格の上、適当にやり過ごすことも苦手です。
今年はなんだかいろいろ詰め込みすぎて、ちょっと無理があるというか、この先やっていけるのだろうかという不安と疲労で日々が過ぎていきます。

とはいえ、そういうあわただしい日々の中にこそ文房具の面白さがひそんでいるわけで、それらを記事にしていければいいなとは思っているのですが。

また、いろいろな方からの素敵なお手紙やプレゼントなど、いただきっぱなしで記事にもできず、人としてどうなのかというレベルで焦っています。

目標を少し下げながら、ぼちぼち書いていこうと思っています。