猫町と中学生45(入学祝い)。

この春高校生になる元中学生に入学祝いの品を贈ることにして、さんざん悩んだあげくシャープペンにしました。

・赤穂には売っていないもの
・ブログの若い読者からの評価が高いもの
・飽きて数年放置しても大人になったら再び使えそうなもの

これだけで分かる人もいるでしょう。
が、今は内緒にしておきます。

なぜなら選びに選び抜いたのに、ダメですよーーーねこまちさんそんなの買っちゃーーーその値段なら@@ですよーーーまったくーーーと言われるとさすがにへこむからです。
嘘です。
まああれこれ想像してみてね。

シャープペンはあっさり決まったのですが、割と迷ったのが芯の太さでした。
0.3や0.2が好きなことは知っていましたが、0.5を使う場面もあった気がするし、何よりも0.3はすでにお気に入りがあるんじゃないかと思いました。

いきなりスタメンに加えてほしい、とまでは思わなかったので、テストの時はこれを使おう、とか、大人になった時に意外に使えた、みたいなことがあればいいかな、みたいな感じで0.5を選んだしだいです。

シャープペンはネットで購入し(何しろ地元に売っていないものを選んだので)、かわいい包装紙に包み、カードを添えました。
これでも元文具店員なのでペンの包装はうまいんですよ。

しかし完成すると非常に地味で…
なんだろう、ティーン真っ只中の子たちには色彩に欠けるというか…
というわけで、かわいらしい色のビニールバッグを買ってそれに入れました。

文房具をプレゼントするのって本当に難しいですよね。
これはいい!と思う文房具ほど、スタメンに加えてくれや、と言っているような気がしてそんな高望みはいかんいかん、と我に返ったり。

本当は自分が使っていていい感じのサンスターのデルデなんかがいいなと思ったのですが、ペンケースこそ好みがあるというか、外すと怖いなと思ってしまったんですよね。
猫町のように馬鹿みたいにペンを持っているなら、家用とかカラーペン用とかいろいろ使い道もあるのですが。

それにデルデもイオンに売られているのを見てしまったしなー
限定柄がおすすめだけど、自分の柄が一番かわいいと思っているからおそろいというのも気持ち悪すぎるし、やっぱりデルデはやめておこう。

みたいな感じでシャープペンに落ち着きましたとさ。