猫町、2Bの鉛筆と戯れる。

年明けから最近まで猫町が一番使った筆記具は2Bの鉛筆だと思います。
鉛筆はB派なのですが、あえて2Bにチャレンジした3ヶ月でした。

使ったのはこちら。

f0220714_9131370.jpg
上から、
セブンプレミアム・かきかたえんぴつ
トンボ・ippo!かきかたえんぴつ
三菱鉛筆・ユニパレットユニスター
三菱鉛筆・ユニ
f0220714_9133217.jpg
で、2Bばかり使ってみた結果、やっぱり自分はBがいいなという結論に達しました。
Bを使い慣れていたこともあるのですが、どうも2Bでは自分の思うような字が書けず、それより何より芯がすり減るのが速すぎるのです。

が、楽しくないなんて一言も言っていないところが重要。
2Bは2Bでめちゃくちゃ楽しい!

もそもそした字になってしまうところも、激しく鉛筆を回しながら芯の角度を調整せざるを得ないところも、書いた字をこすってしまいもわっとなってしまうところも、その思い通りにいかない感じがとても楽しかったです。

鉛筆の使い比べにも興味があったのですが、あまりの濃さに振り回されているだけでよく分かりませんでした。
三菱鉛筆よりはトンボのほうがまだ制御ができる気がしたので、三菱鉛筆の方が芯が軟らかいのでしょうか。

一番知りたかったのは、セブンプレミアムのかきかたえんぴつとトンボのippo!かきかたえんぴつの違いでしたが、こちらもよく分かりませんでした。
前者をトンボが作っているので同じものかと思いきや、セブンプレミアムのかきかたえんぴつのHBとBが恐ろしい硬さ&薄さで「あんた誰……?」状態なので2Bについても知りたかったのですが。

また稿を改めたいですが、セブンプレミアムのかきかたえんぴつのBがどう考えてもトンボのBの濃さではないのがずっと気になっていました。
なので、セブンプレミアムのかきかたえんぴつの2BがいつものトンボのBくらいかなという期待もあったのですが(硬度にずれがあるのかと推理した)、2Bはそれなりに濃く、セブンプレミアムのかきかたえんぴつのBと2Bの差がごっついな!というのが感想です。

でもまあ2B鉛筆も楽しく、今後も使っていくのではないかと思います。
2Bを使ったことでBへの思いもますます強くなったし、今年も鉛筆が熱い猫町です。