消しゴムモニター~PLUS・W AIR-IN~

PLUSのAIR-IN同様、まだ一度も使ったことがない消しゴムでした。

f0220714_5405818.jpg
一番の関心はAIR-INとの違いでしたが、正直あまりよく分かりませんでした。
両者の形が違うので、消しやすさが「ダブルエア配合」によるものなのか、形状にによるものなのかが判然としません。
同じ形の消しゴムで比べてみたいと思いました。

〈消字力〉
本項目の調査で使用した筆記具は以下の通りです。

三菱鉛筆・ユニスターHB
トンボ鉛筆・MONO R HB
三菱鉛筆・ユニスターB
トンボ鉛筆・MONO R B
三菱鉛筆・ユニパレット2B
ステッドラー・マルスルモグラフ5B
ファーバーカステル9000・5B

また、筆記用紙はコクヨのルーズリーフを使用しました。

これらの筆記具で書いた文字を完全に消えるまでこすってみたり、回数を決めてこすったりしましたが、HBやBの鉛筆に対してはそれなりに消えたものの、濃い鉛筆になると限界を感じました。
プラスチック消しゴムとしては平均的だと思います。
AIR-INとの違いはほとんど感じませんでした。

〈消し心地の軽さ〉
本項目の調査で使用した筆記具は以下の通りです。

三菱鉛筆・ユニスターHB
三菱鉛筆・ユニスターB
トンボ鉛筆・MONO R HB
トンボ鉛筆・MONO R B

また、筆記用紙はコクヨのルーズリーフを使用しました。

これらの筆記具で書いた文字を回数を決めてこすり、他の消しゴムと比較してみました。
使用筆記具が鉛筆ということもありますが、軽い力だけで完璧には消すのは難しく、結局回数を重ねました。
この点に関しても平均的なプラスチック消しゴムといった感じです。
AIR-INとの違いはほとんど感じませんでした。

〈グリップ(持ち心地)〉
普段から細身の消しゴムを使いやすく感じていることもあり、この形状はとても気に入りました。
握りやすく、コントロールしやすい感じがします。
シャープ芯のケースのように薄い消しゴムは逆に使いにくいので、これくらいがちょうどいいです。

〈サイズ〉
筆箱はすでにいろんなペンでいっぱいなので、こういうコンパクトな消しゴムは助かります。

〈色〉
消しゴムに色がついているかどうかは消しゴムを選ぶ際にまったく気にしません。
色がついていても嫌ではないという程度です。