気になる新商品・その2(ぺんてる・エナージェルインフリー)。

気になる新商品が多くてなかなか記事が追いつきません。
今回はぺんてるの新商品、エナージェルインフリーについて。


フリーアドレスのオフィスに似合う個性的なインキカラーのボールペン『エナージェルインフリー』発売


ということで、インク色がブルーブラック、ターコイズブルー、オレンジのエナージェルが発売されるようです。
詳細を見ると、


ブルーブラックは0.4/0.5/0.7の3種類あり。
ターコイズブルーとオレンジは0.5のみ。

各種替芯あり。
ただし数量限定商品。


このニュースを読んで反射的に思ったのは芯だけ欲しい、というものでした。
エナージェルの芯はいろんな軸に入るし、エナージェルの軸は自分の手には少し太い気がします。


とりあえず、ブルーブラックの0.4を試してみたいなあ。
色味を見てみたい。
スリッチのブルーブラックみたいな感じかな?


ターコイズも気になりますが、ボール径が0.5ということになると使用場面も限られ、買っただけになってしまいそうです。
ただでさえ水性染料インクということで持て余す可能性大なので。


うーん、ターコイズも0.4を出してほしかった。
いずれにしても色味が気になるのでぜひ店頭で見てみたいです。


赤穂に来るかな。
来てほしい。
「P200 for BOYS & GIRLSシリーズ」だって来たのだから来てほしい。


実物を見たらあるいは軸ごと欲しくなるかもしれません。
何しろ「直感的にインキ色がわかるクリア軸デザイン」ですからね。


しかし「直感」て、リフィルパイプの色を視覚的にとらえてるからやん、と思ってしまいましたが…
「直感」というからにはそういう手がかりなしでインク色が分かるようにしないと…(どういうメカニズムになるかは知らんけど)


とまあいつもの癖であれこれ突っ込んでしまうのですが、新商品のキャッチコピーである「フリーアドレスのオフィスに似合う」とかも「ん?」と思ってしまいました。
今話題の「働き方改革系ボールペン」ということなんですね。


で、ターコイズブルーやオレンジのインクが「発想のフック」になるとか。
一つ一つの表現がビジネス書的というか、まあそういうコンセプトなんだろうと理解しました。


と、ここで猫町が思い出すのはエナージェルユーロが出たときのキャッチコピーです。


「スーツは買った。就活ペンはどうする?」


みたいなコピーで、履歴書用のペンとしてエナージェルユーロをすすめるキャンペーンだったように記憶しているのですが、その時のPOPに登場していたのが男性が印象的でした。
確かにスーツをバリッと着こなしてはいるのですが、髪型がアフロ風だったんですよ。
髪型のクセがすごい。


これは本当に30度見くらいして、そのたびに(とりあえずあんな頭で就活ペンとかゆうてる場合じゃないで…もしかしてアフロじゃなくてものすごいクセ毛?それとも風がバオーて吹いててたまたま?)と考えるはめになりました。

ぺんてるの今回のビジネス書風キャッチコピーはあのアフロ頭の就活生を思い出させました。
あのPOP置いておけばよかったな…(チラシくらいはとってあるかも?また探してみよう)


最後に誤植を発見したので書いておきます。
販売仕様の表、「ボール径」が「ボール系」になっていますね。


ボール系、などと言われると、非ボール系の存在も意識せざるを得ず、それぞれ一歩も譲らず「きのこたけのこ戦争」みたいな感じになるのかな、とこれまたあれこれ想像して楽しませていただきました。
非ボール系でぺんてるだとプラマンとかの熱烈信者だったらおもしろいですね。