気になる新商品〈レイメイ・スタディトート〉。

断捨離とまではいきませんが、多く持ちすぎている物を少しずつ売ったり、ゆずったりし始めています。
本当に少しずつですが…


昨年から何度か書いていますが、物をこれ以上追い求めるのはやめようと思い始めたのです。

長年の「研究」の結果自分に合った文房具も見つけ、それらをじっくり味わいながら余生を楽しんでいければそれでいいのではないかと。


が、そんな猫町の心をざわつかせる文房具というのがどうしても登場してしまいます。
レイメイのスタディトート。


見た瞬間、ガタリと立ち上がりたくなりました。

これはドラちゃんの道具か何かで猫町の願望を形にしたやつではないのか?
日々自室と勉強部屋を移動するたびに大量の本を運び、なんとかならんのかとうっすら不満に思っていたまさにそのためのグッズではないですか。


この「うっすら不満」というのが重要で、無意識的な不満というか、こういう画期的な商品を見て初めて自覚する不満だったわけです。
ああ、今まで自分は不便だった、不自由していた、と合点がいったというか。


上記サイトからリンクしているグッドデザイン賞のサイトに詳細が載っているのですが、もともとはランドセルの中に入れられる点が新しいようですね。
確かにその用途も素晴らしいのですが、大人も十分使えるデザインなのもありがたいなと思います。

ただ、こういう風に使えそうなトートバッグをもしかして自分は持っているのでは…と吟味する必要はあり、すぐに買うのはさすがにひかえたいところですが、それでも素敵なアイデアの商品があるものだなとうれしくなりました。