新旧ダイアリーの小口。

以前、EDiTの小口について書いたことがありますが、来年のダイアリーがそろったところで新旧のダイアリーの小口や地を比較してみました。

上から、今使っている3年日記、来年から使う3年日記、今使っているEDiT、来年から使うEDiT。
f0220714_9474969.jpg
3年日記はいつまでもきれいなままだなあと思っていましたが、こうして見るとさすがにそれなりに傷んでいますね。
ちょっとほっとしました。

EDiTはカバーをはずしてリフィルの状態で比較すればよかったかもしれません。
最近ますますいろんなものを貼るようになってふくれてきたので、年末あらためて比較写真を撮ることにしましょう。

連用日記も1日1ページダイアリーも数年前の自分には考えられない選択でしたが、使ってみて本当によかったと思っています。
それもこれもまとめ記事を書く機会を与えられたからで、結局記事は消されてしまいましたが自分には大きな贈り物となりました。

誰に勧められたわけでもなく、自分で記事を書いているうちに盛り上がって手を出し、はまっていく。
鉛筆もそうでしたが、こんな狭く小さな世界に生きていながらまだまだ自分で楽しみを発見できる可能性があることにわくわくします。