文房具の好みはめぐる。

2回連続でノートについて書きましたが、これらのことを考えていて思うのは、文房具の好みはめぐるということです。

そして、「好み」というのは単なる好き嫌いの話ではなく、何らかの事情との相互作用の果てに形成されるものであり、だからこそ変遷していくものなのだと分かります。

例えばノートの話でいうと、かつて自分はリングノートを愛しましたが、ノートのページの裏表を余さず使うようになると無線綴じのノートの魅力に気づくことになりました。

また、リーフであってもノートであっても無罫は素晴らしいですが、1枚の紙に書くのではなく、常にまとまった厚みの紙の上で書けるノートはなんと気持ち良いものなのか、とあらためて気づいたりもしました。

もちろん無線綴じのノートにもいろいろな欠点はあります。
それは、これまでリングノートに感じてきた魅力と照らし合わせるとよりはっきりします。

自分はリングノートの表紙を裏返せるところが好きでした。
無線綴じや糸綴じのノートではそれができません。
常に机が散らかっている自分にとって、それは致命的なことのように思えました。

が、今はそこにあまり重きをおいていないというか、それ以外の魅力を無線綴じのノートに感じているのでしょう。
また、学生時代とは違い、何冊ノートが増えてもかまわないという今の状況もノート中心の生活を許しているのだと思います。

おそらくこれからも文房具の好みはあれこれ移ろうと思いますが、今現在はB5サイズの無線綴じの無罫ノートが一番好きな自分にふむふむと納得しています。