怒りにまかせてボールペンをへし折った話(伝聞)。

前回の記事の「鉛筆をへし折る」で思い出したエピソードがあります。

ある人から伝え聞いた話ですが、その人の職場でものすごくいらいらしたある同僚が、ボールペンを3つにへし折ったそうなのです。
これは事あるごとに思い出さずにはいられないエピソードで、というのも謎だからです。
3つにへし折るとは?

プラスチックのボールペンの軸を見るたびに思うのですが、2つに折ることはできても3つに折るのは難しいのではないでしょうか。
どういう力?

ちなみにそのへし折った人(女性)は、それ以来すごいあだ名(屈強なことで有名な、あるマンガのキャラの名前)で呼ばれるようになったそうなので、相当な力と迫力であったことは想像に難くありません。

それにしてもどこをどうへし折ったのか…と考えていたのですが、3等分された1つはクリップだったのではないでしょうか。
まずクリップをばきりとやってから、軸を2等分したのでは?

例えばPILOTのパティントのような存在感のあるクリップなら、軸の一部と思われても不思議ではありません。

あるいはグリップの部分をぼきりと先に折ってから、残りを2等分したのでしょうか。
グリップの部分なら強度的にも折りやすそうな気がします。

とここまで考えて、自分が勝手にプラスチックの安いボールペンを想定していることに気づきました。
もしかして木軸のボールペンや金属軸のボールペンだったらすごいぞ…

ちなみにその女性は「ケンシロウ」と呼ばれるようになったそうです。
どんとはらい。