幸せなバースデーカード。

猫町に定期的に「Bun2」(文具店等で配布されているフリーマガジン)を送ってくれる友人がいます。


かつて同じ文具店で働いていた人で、もう文具店員ではなくなった今も田舎に住んでいる猫町のためにせっせと「Bun2」を送ってくれるのです。


その「Bun2」に同封されている手紙がいつもとてもうれしくて、受け取るたびに「これが手紙の力か」と思うのです。


手書き文字にその人の人柄が出るのもいろんな思い出がよみがえるのも「本当」だし、手紙という四角い物体やその手ざわりが何よりの贈り物であるのも「本当」だと実感できます。


友人はレター用品等に強いこだわりを見せるいわゆる「手紙通」みたいなタイプでは全然なく、手紙はむしろあっさりとさわやかです。
が、いつもほんの少しの工夫がしてあって、それがとてもうれしいのです。


たとえばマスキングテープがおもしろい風に使ってあったり、猫町が好きなモチーフのシールがさりげなく貼ってあったり、うさむしのはんこがぺたぺた押してあったり…


というわけで、その友人からもらった今年のバースデーカード(の封筒)はこちらです。
f0220714_09102814.jpg
f0220714_09102185.jpg

一見すると黒猫のかわいい封筒なのですが、よく見るとシールが貼ってあり、はて、これはどこまでがオリジナルでどこからが友人のデコレーションなのかなと思いました。


友人にたずねると2、3種類のシールを使ったとのこと。
てっきり元からそういう風になっているのかと思っていた…

追加で貼ったとしてもライオンのシールくらいかなと思っていた…
もともとは猫の足跡とベロの部分の猫しかないデザインのようですね。


「シールでデコっちゃおう☆」と言うのは簡単でもやるのはなかなか難しいのが現実。
その現実を突破してくれたバースデーカード、本当にうれしかったです。