定形封筒の中の贈り物。

先日手紙の整理をしたことについて書きました。

黙々と手紙整理。

繰り返しになりますが、いただいた手紙をクリアブックに収納するのは本当にベストな方法だと思っていて、例えば手紙の他に小さなプレゼントを同封してくださっている場合はそれも一緒にファイリングできるからなのです。

これならぱらぱらとファイルをめくるだけで華やかな便箋やかわいらしいおまけが一目瞭然。
封筒に入れたままにしていてはいただいたことも忘れてしまいます。

そんな作業中にはっとするようなお手紙に遭遇しました。
2年前になぎねこさんにいただいたものなのですが、こんなに素敵なおまけがぎっしり。

f0220714_16524861.jpg
ポストカードは先日旅立った猫町の猫に似ているからという理由で同封してくださっており、ああ、確かにこんな顔をしている時もあったなあとまた涙。

同封の小さなクリップも本当に素敵で、特にシルバーのクリップはこれまたうちの猫そっくりで…
これはファイリングしておくのが逆にもったいなく感じたのでこれを機に使わせていただくことにしました。

f0220714_1653312.jpg
封筒のサイズは定形で82円で送れる範囲の重さ。
なのにこんなにぎっしりとあたたかいものをつめることができるのですね。

なぎねこさんには先日もあたたかいお悔やみのお手紙をいただいており、本当にお礼の言葉も見つかりません。
なぎねこさん、本当にありがとうございます。

自分もいつか定形というしばりの中で思いきり濃い何かを追求してみたいと思います。