ハイカラ兄弟。

ようやく6月の記事が書けそうです。


以前「ここ数ヶ月の世の中と文房具ライフ~猫町の場合~」という記事を書きましたが、いわゆる「ここ数ヶ月」で一番大きかったのは比較的頻繁にブログを書くことができたことだと思います。


が、少しずついつもの日常が戻り始めるとなかなかそうした時間もとれず、あっという間にリアルな日付と記事の日付の差が広がり始めるいつものパタン。
まあ忙しいくらいが平和なわけで、ぼちぼち頑張りたいと思います。


というわけで、今回は最近買った文房具について。
買ったのはこちらのハイカラ鉛筆ホルダー。
_f0220714_19350453.jpg

え、以前も買ってなかった?
はい、買っていました。

「新しい生活様式」とやらを意識するといつもの仕事も少しやり方を変える必要があり、その結果ポケットにはさめるハイカラ鉛筆ホルダーがむちゃくちゃ便利だということに気づいたのです。


ハイカラ鉛筆ホルダーには赤鉛筆を入れて使っているのですが、青鉛筆もぜひ同じように使いたいという気持ちが日に日に高まり、ついに購入してしまいました。


が、前回と同じものを購入してもおもしろくない…ということで今回はあえて「赤」をチョイス。
どんな赤鉛筆が挿してあるのかということにも興味がありました。


ということでこちらなんですが、まずはこの「赤」のシールが気になります。
なんか…貼ってる?
_f0220714_19350822.jpg

そっとはがしてみると「HB」という文字が出てきて、あー前回の台紙に「赤」を貼っただけだこれ…


赤鉛筆は何のブランド名も入っていない謎の赤鉛筆でしたが、色が濃く、しっかりと書けるとてもいいものでした。
_f0220714_19351406.jpg

ハイカラ兄弟。
かっこいいなあ。
ポケットにはさめるのが本当にありがたい。
_f0220714_19351131.jpg

エプロンを着て働く接客の仕事が長かったせいか、自分はどうもエプロン的なものと親和性が高いような気がします。
着ていると安心感があるし、ポケットにいろいろ入れられるのも便利。
今後はそういうファッション(?)を積極的に取り入れていこう。


それにしてもコロナの騒ぎがなかったら2本目のハイカラ鉛筆ホルダーを買うことはなかったでしょう。
そう考えるとこれもまた「ここ数ヶ月の世の中と文房具ライフ」の延長線上にあるものなのかもしれないと思ったりするのです。