トラベラーズノートオリーブエディション。

世の中に絶えてTwitterのなかりせば猫町の心はのどけからまし…

この歌を書くのは2回目だと思うのですが、書いていないだけで心かき乱されることの多いTwitterです。
今回はこれ。

トラベラーズノートオリーブエディション

あーあ。
こんな素敵なものを作ってくれちゃって。

どうするどうするどうする君ならどうする?
電子戦隊デンジマンにまかせちゃう?

あーーーーー
なんていい色なんだーーーーー

猫町は青色が好きですが、同時にくすんだ色も大好きです。
秋になる時に店先にならぶような洋服の色。
アースカラーというのでしょうか。

前回のブルーエディションは断腸の思いであきらめたので、今回こそは…と思うのですが、どうでしょう。

いや、それよりも猫町の心をかき乱すものがあります。
ブラスプロダクトのブラスペンシルです。

その存在は以前から知っていましたが、これまでは「専用のリフィルが必要な高級補助軸」という認識でした。
が、説明をよく読むと「一般的な太さの鉛筆であれば、短くなったものをセットすることもできます」とあるではないですか。

一般的な太さの鉛筆…
三菱やトンボもOKと信じていいのね?

ならむしろこっちがほしいぞ。
トラベラーズノートよりもまずブラスペンシル。

鉛筆を好んで使うようになってから丸2年がたとうとしているのですが、手広く試しているので減りが遅いとはいえ、1本1本がかなり短くなってきました。
このあたりでおもしろい補助軸も投入してみたいなあ、とか。

補助軸についての落とし穴は経験済みなので、相当短いものを用意しておかなければならないのはブラスペンシルも同じでしょう。

それでもその時を待つちびっこ鉛筆が結構増えて来たんですよね。
都会に行った時に実物を見てから考えることにしましょうか。

トラベラーズノートオリーブエディションにもそのうち会えたらいいなと思いますが、こんなぼんやりした態度ではきっとまた出会えずに終わるのでしょう。