ダイアリー何色にするのか問題。

世の中に数種類しかダイアリーがなく、その表紙の色を決めるだけで事が済むならどんなに楽だろうと思うことがあります。

実際はそうはいきません。
かゆいところに手が届くように工夫されたさまさまなダイアリーが何十種類とひしめき合い、俺が俺がと迫ってきます。
表紙の色を悠長に選ぶどころではありません。

もちろん「ジャケ買い」をする場合もあると思います。
が、たいていは使うことを十分念頭におきながらベストなダイアリーを探すことになります。
そのつもりはなくてもいつの間にか若干ムキになりながら。

さて、猫町は来年のダイアリーについてある程度のプランを持っておりました。

1つめは完璧なマンスリーを目指すべく博文館のデスクブロック・サンデーを使うという案。
2つめはそれと並行してEDiTをリピートするという案。

が、ここ最近のあれこれで猫町の思考力その他はハーデス城の結界の中にいる黄金聖闘士レベル…
とてもじゃないですが、出馬表のような完璧なマンスリーを目指す力はありません。

ということで、おとなしくEDiTのリピートだけすることにしたのですが、はて、次のEDiTをどうすべきか。
ここでダイアリー何色にするのか問題が発生したというわけです(続く)。