サンスター・オオギリンピック。

愛用中の豆腐一丁付箋が最後の1枚となりました。

もう少し早く使えばよかったですが、独特の紙質が楽しい付箋で、使う時よりも捨てる時にじんわり感動が押し寄せる不思議な付箋です。



さて、次の付箋をどうしようかなと思った瞬間「オレだよ、オレたちだよ」という声が聞こえてきました。


そうそう。
君たちだよ。
君たちを今こそ使わねば。


ということで、日本海沿いにお住まいのSさんからホワイトデーにいただいたプレゼントの中の一つであるこちらを使うことにしました。
_f0220714_10065907.jpg
サンスターのオオギリンピック。



「大喜利みたいなスポーツのふせん」ということですが、本当ならもうすぐ東京オリンピックだったんだよな…というこのタイミングに使うのがふさわしいような気がします。


1つの付箋に4柄もあるのがうれしいですね。
_f0220714_10065133.jpg
_f0220714_10064811.jpg

サイトを見ると他にもたくさんあるんですね。



気の利いたコメントを書く余裕はたぶんありませんが、キッズやティーン相手に付箋を使っている自分の心境的には「プロレス」の絵柄が一番しっくりくるような…


この付箋、興味深いのは絵柄だけではありません。
_f0220714_10065584.jpg


「好きな柄から使えます。」だって!
「バラバラにならない天のり仕様」に興味津々。


ちょっと使うのがもったいないような気がしますが、楽しく使わせていただきますね。
Sさん、素敵なわくわくをありがとうございます。