ギャザリーについて・その2(残念なお知らせ)。

まとめ記事でお世話になったギャザリーがついに終了するとのことで、すでに覚悟はしていたものの非常にむなしい気持ちになっている猫町です。

ほとんどの人がいい加減な気持ちで書いている中、馬鹿正直に書いていた自分が世間知らずのお人よしだったということでしょう。
一つ大人になったと思うことにします。

もともと断れない性格で、依頼されるがままにコラムやまとめ記事を書いてきましたが、今後はそういうことにも慎重になりたいです。
さすがに人間不信というか、疲れました。

が、すべて無駄だったとは思っていません。
ブログの読者以外の人にも分かるように記事の構成を考えたり、文章を練ったりすることは、自分のブログでのほほんとしているよりもはるかに頭や神経を使う行為であり、自分自身の成長につながったと思っています。

何のために成長しなきゃならないんだという議論になると、別に成長しなくてもいいよね、となってしまうので、無理やり自分をなぐさめているわけですが、そもそも無能な自分がここまでやってこれたのは学生時代からの「とりあえず真面目にやっておこう」という鍛錬のたまものなので、まあ自分らしいと言えば自分らしいかなと思います。

ギャザリーによると、サービスは5月31日で終了するとのこと。
今残っている記事もそれ以降は読めなくなるはずです。

「キュレーションサイト」というだけで拒否反応が出る人も多いでしょうが、最後に読んでおこうかなという方はこちらをどうぞ。
大半が削除され、9本しか残っていませんが、どれも写真から自分で撮って記事を作っています。

また、以前ギャザリーについて記事にした時、常陸の風土記さんが削除された記事をインターネット・アーカイブのサイトで見られると教えてくださいました。
ずっと見られるのかどうか分かりませんが、とりあえずこちらになります。

これらもすべて消えてしまうかもしれませんが、自分に対して恥ずかしくない程度には頑張って記事を書いた時期が確かにあったということを心に刻み、今後はこのブログの中でふわふわと生きていくつもりです。

しばらくこの記事がトップに来るようにし、過去の日付でぼちぼち記事をアップしていきます。
画面をスクロールして他の記事もご覧くださいね。