カツオ人間波乗りクリアファイル。

前回ゆるキャラの話が出たので、こちらもご紹介。
これも妹にもらったものですが、高知のお土産です。

f0220714_662277.jpg

f0220714_664382.jpg
おそらくこれを初めて目にされた方は、何から突っ込もうかしらという気持ちになったのではないでしょうか。
猫町も同じでした。

えっとまず、これは高知のゆるキャラなのだろうか。
まったく知らなかったが有名なのだろうか。
あまりかわいくないが大丈夫か。
そもそも「カツオ人間」というのは「人間」なのだろうか。
そして高知の人はいったいどう思っているのだろうか。

で、今回記事を書くにあたり、ネットで検索してみると、ちゃんとカツオ人間のブログが出てきて、活動もしている様子。
前回のねこまるとは違い、人間サイズの着ぐるみもあります。
そして着ぐるみは割とかわいい。

と思っていたら後頭部がグロかった。
カツオのぶつ切り頭という設定らしく、断面がリアルで恐ろしい。
赤身と骨が!

ウィキペディアでプロフィールを見ると年齢は37歳らしい。
中途半端だなあ…
これは応援しなきゃ…

まあカツオ人間はキモキャラ扱いなのかもしれませんが、自分としては愛媛県の「タルト人」もなかなか。
かわいいといえばかわいいのですが、この着ぐるみが夜道にぬっと立っていたら腰を抜かす自信があります。
顔がないのが不安というか、やっぱり怖いよ。

でもデザイン的にはかわいいかもしれない。
うん、かわいいかもしれない。
なんか見ているうちに好きになってきた。

そう考えると四国ってすごいところなのかも。
4県中2県にすごいキャラがいる。
ということで、ぜひ高知県の方や愛媛県の方に意見をうかがってみたいですね。

地元では案外ほのぼのと愛されているのかもしれませんし、微妙なゆるキャラでも着ぐるみを見たらとりあえずニコニコと駆け寄ってしてしまう猫町のような人間もいることでしょう(写真は姫路市のキャラクターしろまるひめ)。

f0220714_6335829.jpg