はんこを使いこなしたい願望とうさむしのイベント。

インクパッドの話からうさむしのはんこの話をしたいと思います。

うさむしというのは消しゴムはんこ作家をしている友人のことですが(正式な作家名はusamusi Works)、自分はうさむしのはんこが大好きであります。

友人だから身内びいき、とかではなく、本当にいいなあ、好きだなあと思いながら買い揃えている感じです。

が、その素敵なはんこたちをどうも自分はうまく使いこなせていない気がするのです。
ザ・宝の持ち腐れ、です。

本当は、もんのすごく素敵に押して、おお、これはすごい!はんこの力を100%以上引き出しやがった!みたいなのを夢見ているのですが、そういうことができたためしがありません。
気負いすぎているのでしょうか。

もっとも、そんなことをしなくてもうさむしのはんこはそれだけで素晴らしく、ある意味不器用な人向け、と言えるかもしれません。
ぽん、と押しただけでさまになるありがたいはんこなのです。

ちょっと自慢してもいいでしょうか。
こちらはうさむしが「ふたり展」をやった時の缶バッジなのですが…

f0220714_9145586.jpg
こちらの左側のバッジに「230」と入っていますよね。
230、つまりフミヲ用の特別バージョンです。
エヘヘ。
f0220714_9151523.jpg
こちらは特にお気に入りのバッジ。
アイヌの民族衣装に身を包んだ猫、背景にはアイヌ文様。
この出来の素晴らしさ!(盛り上がっているのはうさむしと猫町だけらしい)
f0220714_9152881.jpg
そんなうさむしが9月16日~18日に、OSAKAアート&てづくりバザールに出店いたします。
ブース番号は「く-04」。
「9/16~18までみっちりおります!」とのことなので、ぜひ足を運んでみてください。

うさむしのはんこはけっして安価ではありませんが、はんこのアイデアや出来の良さは値段以上の価値があると思っています。
はんこは買ってからが楽しいので、買いすぎても損はないはず。

ということで、今度の3連休は大阪南港のATCホールにGO!